HOME>Review>通信サービスを見直してみよう【ひかり電話を導入するタイミング】

通信サービスを見直してみよう【ひかり電話を導入するタイミング】

固定電話

ひかり電話は通話料が安くなるため、今では多くの方がひかり電話を導入していると言えるでしょう。今の通信料に満足していると見直す機会というのはあまりないのですが、利用者の声を参考に、一度通信会社を見直してみるのも良いかと考えられます。

Review List

電話サービスの見直しの時に加入しました

家で電話を掛けることが多くなり、スマホ代を減らすために電話サービスを再検討した結果、ひかり電話に加入したんです。ひかり電話だと通話料が安いので、当初の目的通り、スマホ代を節約できました。そして、電話サービスを見直したもう一つの目的は、固定電話機の使い勝手を向上させることです。子機はとっくに壊れていたので、親機を使って電話をしていたのですが、電話機の所まで行かないと通話できないのが不便でした。ですが、ひかり電話なら自分のスマホを電話機として利用できるため、それも加入を決めたポイントです。専用アプリをスマホにインストールしておけば、無線LAN経由でひかり電話を使えるので、使い勝手が向上しました。特にイヤホンマイクをスマホに繋いでおけば、家中のどこでもハンズフリーで話せますから、とても重宝しています。
(30代男性)

加入して電話代の削減に繋がりました

遠距離通話する機会が増えたので、長距離電話代を削減したくてひかり電話に申し込みました。これまでの加入電話なら3分間で60円前後掛かっていた通話料が、10円以下で済むようになりましたから大満足です。加入電話の市内通話よりお得な値段ですので、安心して長距離電話を掛けられるようになりました。固定電話だけでなく携帯電話への通話料も安いため、最初の請求書を見た時は、こんなにも違うのかと驚いたぐらいです。電話機も今までと同じ物を使えたので買い替えずに済みましたし、電話番号も同番移行できたので、同じ番号が使えました。我が家はナンバーディスプレイやボイスワープなどがセットになったプランで契約しましたが、オプションが複数付いても加入電話の基本料より安いのは嬉しい限りです。
(40代女性)